生き苦しい

ずーっとニックケイヴ聴きながら

電車に揺られて日暮里

観てきました

 

 

2019.07.22

d倉庫 日暮里

笠井瑞丈×上村なおか

ダンスが見たい21

『 三道農楽カラクを踊る』

構成 振付 笠井瑞丈×上村なおか

出演 山田茉琳 上村なおか 笠井瑞丈

 

 

踊りを観ると、自分自身を見出すものだ

 

 

世界はこんなにも広いのに、

自然はこんなにも尊いのに、

音楽はこんなにも力強いのに、

私は小さく弱く滑稽で生き苦しい

誰とも私の思いを交わせない一人

そんなもがきと息苦しさ

 

 

人間以外の生き物を前にしては

人は人らしさが嫌でも滲み出る

自分にないものが目前にあれば

欠落した私が浮かび上がる

 

 

@@@

サムルノリは小学生の頃どこかで観たのを鮮明に覚えてる

頭を振りながら太鼓を鳴らし回っていく仕草

強烈なリズムと打音に立ち竦んでしまう

瑞丈さんの動きに少し重なりました

そういえば中盤のキリエ

主よ憐れみたまえ、の解釈だったのかが気になっている

@@@

 

 

以前、笠井叡氏が

振付は振り付けた者と踊る者との

コミュニケーションだと言っていた

振りが覚えられない私はそもそも

相手とコミュニケーションしたいと

思っていないからかもしれない

でもたまにすっと覚えられる時もある

 

@@@

 

 

> 「記憶」によって生まれた世界に自分を閉じ込めること、
> 体を動かすということは自分の周りの空気を「未知のものに変えること」

件のワークショップのテキストから

 

 

 

生きていたくない、目を覚ましたくない

それでも目を開けドアを開けて外に出る

頭の中にあるもの

世界に見えているもの

何も見えない世界に

糸のように細い隙間を見つけて

伝って伝って進んでいくことだ

生きてくのはとてもしんどい

今の私には

 

日暮里来たらいつも斎藤湯行くのに

今日は全然元気が無くて行かなかった

でも踊りたいな

またttr氏と踊りたい

 

 

@@@

観に行って良かった

 

空へ

 

おんがく、コーヒー、自転車、新しい道

液体、液体、ダンス、雨、銀座

やあやあボルドリーきぶんはいかが

ニックケイヴに漬けられる最高だ

過去も未来も無くなってしまう

青山も赤坂も四ツ谷も人が居ないね居ないよ

銀座は人だらけだったよ

誰もいない、あるのは空回りした頭だけだ

頭は巻き戻り早送り葉を触れる

世界はとても静かで音がない

世界はとても静かで音がない

チックする彼の仕草を思い出している

切れ目ばかりの世界から

コルチゾールが雪崩を起こして

空カプセルで鳥さんを餌付けしていたら

やってきたのは真っ黒カラス

音量を上げて上げて上げて空へ

 

f:id:rottenlily:20190722145624j:image

 

メスキータ、小畠廣志

f:id:rottenlily:20190720115931j:plain

東京ステーションギャラリーで開催中のメスキータ展へ
インクの匂いが漂ってきそうなへばりつく白と黒のこの季節にみて正解だ。

f:id:rottenlily:20190720221056j:plain
珍しく図録を買った。


ずっと雨だ。このままずっと晴れないで曇りのままでいて欲しい。

帰りに吉祥寺まで中央線をかっとばし
小畠廣志展へ

EriさんとEbaさんと色々お話
Sara嬢はなんと高校生になっていてびっくりだ
一緒にテレタビーズをみていたはずなのに...

この前の大阪でのyuji氏の話やいろんな話を聞いて
色々懐かしくなって、たくさんのことを思い出しながら帰宅


思い出せば思い出すほどに空は遠くなって
フィルムはいつか擦り切れてしまう
デジタルではない
今日のこともいつか忘れてしまうのだろうか

抜け道

時に生きられないと感じるけどそうでない時もあるのを知ってる。うだるほどの人混みには抜け道がある、隠し扉に気づけばもう大丈夫。それは誰かが残してくれたものだ。百夜が明ければ朝になること。川床で目を閉じること。好きなように生きるんだよって死ぬ前に彼女が言ったから私は今日も生きている。